お試しDAW生活, アナベルリー音源制作編

難しい所を

どうしていくか。そんなこんなでDAW生活、本日は4時まで粘ってこれ以上やっても耳が馬鹿になってるから判断がつかないから一旦セーブ!!

 

忘れないようにここに記録してから寝よう!

 

とりあえず今回やっているバラードの曲は後半に壮大なコーラスが入っているから確かにこれは美しくしたい。ただ音量レベルをいじるとすぐ団子になっちゃうから音量は弄らない。

 

これはバンドマンあるあるなんだけど『ギターの音を出したいからボリュームあげよう』『キーボード聞こえないからそっちもうちょい』『ボーカル聞こえないなぁ、、』ってやってる間に

 

見事な前衛音楽の完成を見ます。

マイクを立ててないドラマーは泣きます二度泣きます。

 

そうすると全部の音がお互い干渉し合って消えるんだね、これ面白い現象ね、やってみてわかったわ、聴感的にボリューム下がるんだね、凄えな音の仕組み。音源の場合そこをシビアにやらないといけないから自分なりの案として

『ちっちぇ音で聴く』

 

事にしてみました、そうすると基本的にバラードとかってボーカルに存在感が無いと薄っぺらいオケ物に聴こえてしまうからボーカルの存在感を残しながらどうしようかと、そこでバラード第一稿目をアナベル・リーの皆んなに振って意見を貰ってなるほどと。

 

個人的にそこのコーラスの部分はローコーラスやってる声が一つハーモニーの美味しい所だと思うのでそこをコンプ、logicはアナログっぽい

こーゆーのが7種類くらいあるからこれを順番に挿してみて一番厚みがあるのを入れてみる、コンプのゲインは弄らない、音量あげてるのと変わらないっぽいから多分。質感で。

 

んでハイコーラスの方はリードボーカルと周波数的に近いからこっちあげすぎるとリードボーカルが消える、なのでBUSに送った方のエフェクター関係を少しずつ強めに、さぁどうだ!おまえらここまでまさか読んでないと思うが読んでて理解してる奴いんのか!!

 

大丈夫だ!!僕のがわからん!!!!

(本格的に始めてまだ20日しか経ってねぇんだこちとら!!)

 

んでもね、どんな形にしても世には出るんですよ、作品だから。金銭的に豪華な事は僕は出来ないけど高いマイクの一つも無いから。それでも世には出る、無料公開でも売るにしても、配るにしても世には出る訳ですよね。YouTubeでもバンドキャンプでも。

 

それならやっぱりメンバーの人達が喜ぶ物にはしたいんですよ。僕も沢山お金かけて納得出来たレコーディングって少なかったから。時間もお金もかかってる事なんだから。滑稽の場合無駄に長くやってるからレコーディングだけで多分車は平気で買えてるくらい。

 

そのくらいバンドマンってあくせく働いてレコーディングしてる。眠い目こすって。

 

なので至らない事は多いと思うけど良く良く話を聞かせて貰って望む所に少しでもいけたらなと。

 

ここまで書いてるとなんか善人臭くて気持ち悪いな、、、、その昔田舎に行った時に田舎のおばちゃんに指示されて知らない畑のスイカを叔母家族と共に盗んだスイカ泥棒の1人は僕です。ごめんなさいごめんなさい、スイカ畑軽く殲滅してしまいました重ね重ねごめんなさい。自覚の無い歳とは言え美味しかったです、ごめんなさいすみません。

 

 

、、、、あったかくなってきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。