after effectsと僕

after effect

よっと!そんな訳でafter effect5日目、取りあえず素材が無ければどうにもならんて訳で仕事の休憩中の15分でぺぺっと描いたりしつつ素材を作成。

それらをまとめて

こう。作調をどうしようかと思いましたが、ディテールまでこだわってたらキリがないので線画のシンプルな物に昨日決めた。キャラクター作るのに効率的だからね。そうすると、、こないだのも変えようかどうしようか、、、

まぁこれはこれで何処かで使おう、、そんなわけでその素材をafter effectにぶっ込む!!!あーとかうーとか言いつつ色々弄る事3時間、また意味がわからない動きになったので呪いの呪文を唱えてまたもや消去。

(今期二度目)

己、、暫くは呪いBOXに色々詰め込まれそうやな、、、でも多分コピペで動きもつけれるかな?と今思ったので帰ったら試そう。iPhone製作は制限があれど僕には簡単ですしそこそこ他の人よりは使えると思うので新しい所に向かってますけど、ずっと失敗ばかり。

寧ろ失敗すると記憶する。痛みの記憶ってのは強烈で、何年前でも思い出せるのはそうゆう事だと僕は思っていて、本来なら美味しいご飯食べてるのも相当幸せな記憶なのに僕らは昨日食べた物も下手すりゃ忘れてる。

過去に引きずられる人はそうゆう事なんじゃないかと僕は思ってる、悪い事じゃ無いけどね。

そんな訳で始めて5日、もうコンポジションにフッテージを読み込ませてパペットツールと時間軸の動かし方までは覚えた。

訳わかんないだろ?これ結局言い方なんだよね。これを分かりやすく言うと

『新しいページを開いてそこで使う、素材を読み込ませて形を変形させるツールとそれを何秒やるかまで覚えた。』って事なのね。

それをフッテージとかよー!コンポジションとかよ!!日本版なんだからその辺り分かりやすくしろや!!!業界ぶりやがって!!

『アホか!!』そう呟きながらやってます。こんなものに呑まれてはいけない、ツールってのは人が使う為にあるんだ、昔、村上ポンタさんがNHKに出てた『若者にドラムを教えよう』みたいな番組で『まずドラム置いたらどうするか知ってるか?』とか聞いてて周りが、『音を確かめる』とか『チューニングが』みたいな話してた時に『とりあえず蹴っとばせ』って言いながらドラム蹴ってたのと同じ原理である。

極端にわざとやってたんだと思うけど結局『崇めてはいけない』って事だと僕は思ってる。僕の場合は『あくまで対等』って考えです、ギターもafter effectも、お陰様であんなギターになってますけど。

とりあえずうちの子として来たのならafter effectさんにもうちのやり方でやろうと思う。そう

、、、プリ、、、コンポジション、、、、、?

日本語にして下さい。日本語にして下さい。日本語にして下さい。

おのれぇ!!!!

iPhoneだけで作ったものも愛おしいです、おそらくこれがiPhone製作のラスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。