MUSHA×KUSHA MV制作記

製作日記

日に日に寒さも厳しくなりますのでとてつもなく冬眠したい所。

 

えぇ本当に。そんなこんなで今日も今日とて『海が荒れちゃる、これはデカイ獲物がかかりそうだ、、、』『船長カッコいい』なんてやりとりをしつつこの日記を更新しております、えぇ今船の船頭で書いてますよえぇタイタニックっぽい格好をしながら。

 

昨日は仕事が暇だったんで一緒に働いてる若い子と2人どっちが帰るじゃんけんをし

『僕は君をなんだったら帰したいからね、でも決まりだから仕方ないじゃんけんをしよう。』

『オッケーっす!自分負けませんよ!』

『あ、先に言っとくけど僕はパーを出すからね。』

『ほ、本当スカ?』

 

と言った流れで先に上がりまして久々に少しのんびりとしました、有難う後輩くん。

勿論グーを出しましたよ。

今年一番悔しかったみたいです、後輩くん。嗚咽にも似た声で『人なんて信じなかったら良かった。』と呟く後輩くんの声を安らぎのようなBGMとして受け流しながら帰りました。心理戦で僕に勝つのは100年早い。

んで今回のMUSHA× KUSHAさんのMV、いよいよ撮影当日。MUSHA×KUSHAはレコ発当日なのに行ってきました。1月上旬ですかね。今回のMVはこんなシーンがありまして。

皆んなに被って貰いました、『はい、池さんこれかぶって貰えますか?』とお願いしたら『被れと言われれば被るがな』と苦虫を噛み潰したようなお顔をしておりましたが、サラリと受け流しつつ。

 

いや普通に演奏シーンだけってつまんなそうだったんだもん!!それスライドショーみたいになっちゃうじゃんかぁ!!

 

てな訳で梅ちゃんを除く皆さんにお願いしつつ、何回か猛然と演奏して頂きました、どうやら無酸素に近いらしくて死んでましたごめんなさいごめんなさい。

でもお陰様で映像のアクセントにはなったなって思いました作りながら。なんてゆーか、、見ててブラウザバックされたら僕の負けなんですよ。こーゆーのは。気になるようには作ってみました、勿論果てしなくブラウザバックされまくってるかも知れませんけどこの辺りのシーン作って少し安心しましたもの。

あらこの人達カッコいいって。

ここのシーンの反省点は一つ。

やっぱ撮影が素人だ。人生は壮大なアドリブ演奏だと思ってますけど、『止まって欲しい時にブレる』『寄って欲しい時に離れる』って映像でしたからね、これは良くないなと思って経験値Boxに収納しときました、演奏シーン自体は流石の人達だったかんね、カッコよかったな。

 

まぁそんなこんなで両国のシーンはなんとか終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。