ういー!ひっさしぶだ。珍しくブログに帰還してますよ、酒カスです。

さて、なんでブログに帰還しているのか、本来はもうちょい後からブログは再開を予定してたんですけども。最近コロナコロナでなんだか煩いし物騒だしで。

機材運んでたら罵倒されたとか、色々言われちゃってますけどもバンドマン、んで感染の悪は『ライブハウスだ』と言わんばかりの報道と。ここ暫くは部屋に篭って映像ばっかやってたから色んな流れを拝見してました。

何となくこの流れは夏近くまで及ぶのではないかなと。

んでね、僕も世界最高峰に無名のバンドマンなもんでこの流れは良くないなと。まずライブハウスが厳しくなってしまう、結果バンドも出演出来る場所が減る。そしたら僕の心の持って生きようが消える、そして死ぬ。

と言う訳でまだ死ぬ訳にはいかないのでどうしようかなと、勿論空いてしまった箱の日程に出演する位しかバンドマンが出来る事って無いよね、そもそも『集まるな』って話だからそれすら阻害されるような事態。それでもですね『ライブハウスは悪くない』ってTwitterとかで述べるのも素敵だなと思うけど『他の方法でライブハウスの支援法って何もないのかな』と思って2時間くらい考えたら『あぁ、じゃあバンドマンもリモートワークすりゃいいんじゃん』と結論しました。


そんな訳で下記BASE販売ページの『滑稽のドア』『野田サリー』両バンドのステッカーと滑稽のドアのアルバムの収益を販売手数料、送料除いて勝手に全額ライブハウスに寄付しますね。

※画像クリックで販売ページに飛びます。

具体的には『両国サンライズ』『ろくでもない夜』『WildSide Tokyo』『天王町スタジオオリーブ』の4つ。いずれもこれからライブが行われたり普段からお世話になっている場所です。

『おいおいお前てめぇの場所ばっかかよ、全国にはどんだけ困っているライブハウスがあると思ってるんだ』と言われる可能性もあんだけど、僕、大富豪ではないから僕の製作費で死んでしまいます。あとお酒も呑みたいし。

そこで相談なんですけど。これ出来るバンドマンやんない?そしたらいろんな場所に少しずつでも支援が出来るじゃんね。

全国のライブハウスを僕如きが助けることは一切出来ないけれど、これが拡散されてけば地元のバンドマンが地元のライブハウスを支援していける訳ですよね。(バンドマンだけで無くライブハウスが好きな方も)

ここからが今日言いたい事なんですけど、今の騒ぎで集客出来ない、ライブも出来ない、じゃあ耐えようってバンドマン沢山居ると思うんです。賢明な判断ですし、感染てのはタチが悪いからまぁ仕方ない。

でも公演が行われないと実質終わっていくのはまずライブハウスです。かかる人件費、機材費に家賃にと。それで僕が思うのは福島の時のような(今も必要だと思う)長期的な支援てよりも、この場合事態収縮までの少し短いスパンの支援が大事なのかなと。

でも残念ながら僕は世界的に無名のバンドマンなんでこんな事広まらないと。じゃあどうしようかなと思ったんでここで感染よりも拡散を狙ってみたいなと。(ハッキリ言います。拡散がほしいんです。)

僕のこのやり方は一つのアイデアなんでこれが拡散されて『面白そうだな』とか『地元のライブハウスにこの方法使えるな』とかなったら面白いなと思うんです。それぞれのバンドの大事な場所に僅かながらでも支援出来る方法なので。世界一無名の僕が1人でやるより滅茶苦茶影響力あるし。

僕が『物販の販売→寄付』って考えたのは普通に寄付してくださーい、箱にはこちらがお渡しするんでー。って流れだと基本的に放置プレイなんですよね、神頼みみたいな。ライブハウス側もなんか申し訳なくなっちゃうだろうし。それはなんかセンスが違うなと、恵んでくれみたいのは。だから僕は製造と販売配送してキチンと物を買って頂いて、こちらもそれなりに労力を削ってその形になった収益をお渡し出来たらgiveからgiveの関係も築けるなと。自分らのバンドの宣伝にもなるしね。


どうですかね?嘆いたり誰かを叩いたりするよりもよっぽど建設的だと思うんだけど。

もし『面白いじゃん』とか『他にもこんなのどう?』ってのがあったら#感染よりも拡散を

でリツイートしてくれたらチェックして面白そうなのは僕が全部やりますね。

(お金かかんないやつね!富豪じゃないから僕!)

普段僕の場合は酔っ払って迷惑かけたり、嫌われたり、ライブハウスに提言してみせてカッコつけたりでライブハウスからは億劫な顔されてるバンドマンなもんで、すまんなぁと思う気持ちと共に、言葉を吐く前に行動で何かしてけば良いかなと思っての提案です。自分らの環境は行動で。

問題は僕が世界的無名にあるので誰かリツイートなどでささやかに助けて。


んじゃちょっとやってみますね。

ミケラより。


One thought on “感染よりも拡散を”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です