トラック数が鬼。まだまだ増える。野田サリーMIX。写真撮った段階で32トラックですけど、それから朝までかけて42まで増えると言う。

昨日、一昨日は思い切ってブログはお休みしてレコーディングとMIXに集中してました。20時間くらいはやってました。

セルフレコーディングの良い所は手間をかけられる事で、悪い所は未熟なままだと質が上がりづらいのと機材面にお金がかかってない分の弊害は多少あります。でも多少だと思う。

お金はかければ永遠なんです、スタジオ作るレベルでかけれるしね、僕の場合映像も絵も音源も『死ぬまで続く通過点』です。

今この段階の知識と経験、機材とアイデアとかを『レコーディング(記録)』するイメージです。今はMV用の曲データのMIX、バランスと無駄な無音カットとタイミング合わせなどをこの二日やってまして、、面白いなと思った瞬間からずっとやってました。

アレンジが面白い。野田サリーて理想的な楽器編成だと思うんですね、キーボードはいるわ、ノイズはいるわ、しかもコーラス取れる人数も多い。

流石は不貞腐れたサザンオールスターズ ですね。自由度が高い、それぞれに振れる事も多いので、土曜のレコーディングの際にちょっとコーラスが浮かんだので『ちょっとこうして欲しいんですけどー、、』とお願い、余裕でやって頂いて予想通りハマってました。僕歌下手くそな癖にこうゆうの浮かぶのはなんなんでしょうね、人にやらせたら上手いこと出来る。

とりあえずあとはバランスを今一度取り直して、それぞれの美味しい所を磨いたり、削ったり。基本的な形はほぼOK。

今の時代DAWやる人の人口も増えてプレイヤー側の人も多くなってきてますけど、こうゆう『音源て撮ってバランス取るだけじゃねぇの?何やるの?』ってのは実況したいタイプです。

そうですね、実際に見なければ分かりづらい話だと思いますので写真付きで説明してみますね。

荒廃とした大地に裸で飛び出しそれを耕し

来る日も来る日も開墾に次ぐ開墾、開墾しては嵐に見舞われその間に大体2人くらいは毎回死に。

それでも希望はこの種なんだと、今は分からないかも知れないがこれがこれからの希望になるんだと野田サリーメンバーに伝え







この笑顔で野田家にたどり着く僕。全力で見ない事にする野田家の面々。それでも我慢強くタネを撒く僕、いまだ裸である。

やがてそのタネは少しずつ枝葉を伸ばしていく。心無いメンバーからは『どこが腹一杯になるんだよ!!ヒャッハー!!』と罵られ、それでも『肩パットは買うから!!僕、肩パットとロードバイクは買うから!!』と伝えて懸命にこの苗を育てます。

そしてその間も天使の様な笑顔のきしこうじ

ちょっとお疲れ気味?少し老けちゃったきしこうじ

そしてそれらときしこうじを経てやがてそのきしこうじは芳醇な実りを享受する事になり

そして遂に家庭の皆様ときしこうじにお届け出来ると。

と、まぁそう言う様々な過程を経て、音源は出来るんですね。ここまで見て頂ければ、どれだけ音源と言うものが苦労と悲しみときしこうじを経てるかはお分かり頂けると思う、別にこれと言ってきしこうじは経なくて平気なんですけど、とりあえず経させてみました。肩パットはさいとぅー辺りにあげました。

ね?

(何)

まぁこれくらい分かりやすく伝えたら世界中に音源制作の苦しみは伝わってると思う、大体僅かな違いはあるものの、世界中みんなバンドマンはこの過程を経て音源を作ってます、違いと言えばきしこうじを経るか経らないか位ですね。それ以外は無いね、うん。(大体経るよね、あれ経らしたらわりと音圧あがるもんね。)

そんな訳でしてそんな作業をコツコツとやってた訳です、この二日。ブログも大事ですけども、ちょっとここは集中しないといけないと思いまして、とりあえずパソコンにつないだままのきしこうじや何やらを活用しながらずっとやってました。

全体像は見えたので今日は仕事上がったらとある打ち合わせをやってから映像の方に引き続き戻ろうと思います。これはこれで相当な過程を踏みますが、それを言ったら相当な文章力になっちゃうし、きしこうじも足りないので今日はこのあたりで!!

今週はこれだ!!

両国サンライズ、さわちゃん送り出し企画!!僕らは1番目なので先制しておきますので、お楽しみに!!

そしていよいよ、近づいてきました、野田サリーワンマン、本当に大事に考えてる日です、皆様お時間頂けたら!!予約はこちらのみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です