んなわけで久しぶりにFADに行ってきた。行ってきたっていうてもライブ見に行った訳でもなく行ってきた。右奥のがライブハウスモンスターの広畑のおっちゃん、宮下や細井も元気そうだったから何より。糸山みたいのもいたな、、、。

FADの店長の広畑のおっちゃんは個人的にヘブンスドア堀さん、旧JAMの石塚さんと並んで三大ライブハウスモンスターの一角だと思う。行ったら『すげえのがいんな!!オイ!』とか言われたけどすげえのってなんやねんな。すげえのて。

昔々に大借金を背負ってやったイベントの時にお世話になったのよね、精算でゲラゲラ笑ってたなぁ。

まぁスーパー失敗してそこから数ヶ月0円で生活したんすね、借りたりなんなりして食い繫いだけど、電気ガス水道は全部止まったりして。税金から家賃から全て払えなくなって、アレはなかなかに楽しかった。部屋に届く赤文字の督促状が1枚2枚が20枚30枚と増えて、トイレ一つコンビニ行って済ませてたもんね、水流れないから。その時は毎日吐いてたな。

周りへの配慮の足りなさや熱量の差、そうゆう未熟さもあればそん時はあのハゲも『勝手にやれば?責任は持たないよ』スタイルだったから完全に孤立して、1人切りだなぁて毎日思ってたり。皆んなでやれば面白いのになぁて思ってても単純に自分の実力不足だったり、簡単に言えば有名になってたらもうちょい進む事もあったんだと思う。

ただね、やっぱ有名でないから面白い事はあるから。そんな最悪な自体になってる精算の最中に笑ってたのが上のおっさん。僕は広畑さんの対応は100パー正解だと思う、『いやー死んだわ!!』って僕も笑ったもん。お陰様で強烈な印象と共に覚えてくれてるやね。

『毎年やりゃ変わったのに』

『んじゃまけてくれよ!もしくは金出して!』とかやりとりしつつ、あん時がアレが自分の精一杯だったからね、貧乏な家庭で育ってるから親の借金手伝ってたりもしてたもんで、やっとこやれたくらいで。

あの時に気持ちだけでは伝わらない事も、独りよがりで必死にやっても何にも届かない事を知った訳です。

そして本当に誰にもわからない地味な自分との向き合い方を1mmずつやり続けなきゃ駄目なんだなと思いながら今日も1mmである日記を書いたりしてんだけどね。

あれから結構経ってあそこで終わってて当然だったのに有難い事に今だに自分の人生の大事な物としてバンドが存在してくれてる。海外もレコ発も企画も随分やらせて貰ってる、今の音楽業界で知名度のない僕らが+になる事はそこまで一杯は無いんだけどそれでも少しずつは変わってる。

まぁ今は1人でやってるつもりも無いからね。野田は良いチームだなぁてたまに思うのもそうゆう所かなって感じます。

ただやっぱ多くの人にこの最高の事を見て貰う為に1番努力しなきゃいけないのは何より僕ですから。

何より頑張ります。8月31日、メリーゴーランド 本当に良い物見せますのでどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です