拡散頂きありがとうございます。去年よりも多くの人に反応して頂いてもうなんて言うか、、、。

割と泣けます。

ワンマンと言う物自体、僕らは初めてです。どうなるのかどうするのかは自分ら次第ですし、ここからまた繋いでいこうと思ってます、大事な局面。

今回は会場をいつもお世話になっているスタジオオリーブさんで行う事は去年から決めていて、色々と実験的なこともさせて頂いている上に、嫌な顔1つせずいつも協力をしてくれている場所に今度は数字で返せる様頑張ろうと思ってます。

まぁ具体的には動員とお金なんだと思う。そうゆう事を口に出す事は汚いと見なされる世の中ですけどね。まぁわかる、そうゆう気持ちは圧倒的に分かるし、なんかお金の話出したらクズみたいに見られる事も知ってる。

だから言わないとね。

情報が増えて娯楽が溢れてる世の中になって昔なら100〜200の選択肢だった物が10000とか20000に増えて、より音楽やバンドの立ち位置みたいな物が価値を見出して貰いづらい時代に、音楽に関わる場所で生活をしている人達がいて、そこには人生がある訳で。

やる側がそこから逃げても仕方ないんじゃ無いかなと僕は思ってます、まぁずっとそうだけど言語化はあんましなかったのはやっぱり自分も面倒から逃げてたんすよね。ハッキリ言いますが。

自分が必死にやってんだから何も言わなくても勝手に増えてくんないかなって言う期待。確かにバンドやってりゃ本来は曲の事しか考えたく無いしね、そのくらい大事な作業だから。

なんだけど一昨年くらいに決めたのは自分が天才で無いという事を自覚すると共に、面倒は全部やろう。です。

例えばオリーブさんも、サンライズさんやヘブンスドアさんもだけど、お世話になっている場所にこっちが妥協して利用する為だけならやってく事は正直出来るじゃない。お金払えば良いんだから。

なんかその繰り返しはあんまし意味ってゆうか、面白く無いなぁて思ってます。うん、アレね、面白く無いんだろうな自分は。

観てる人もやってる側も提供する場所も、全部良ければいいんだ、理屈は簡単だ。全部よければいいんです。

それをやるためにどの位やらなきゃいけないかを考える事と実行する事が僕に今、出来る事です。遠く理想みたいのはあんまし無いんです、そんなの今日じゃないから。

今日思う事の為に必死なだけです。

途轍もなくカッコ良い事言ってますけど基本的に酒カスですから話半分で良いです。

残り半分はライブをみて判断して下さい。退屈だったと今回のワンマンで思う方は別に怒ったりもしないし、嫌いにもならないので終演後教えて下さい。全額お返しします。

よし。んでは本日もスタジオやってきます、お時間あれば6月1日、お会いしましょう、酒カスは相当呑んでると思う。

そしてコチラがその為に作ったMVです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です