駆け足のままに砂上の楼閣MVが明日公開が決まったようです、あ、とてつもなく見て欲しいし、広めて下さいませ、曲もカッコ良いすな!!

いやはや、、最初はイメージ出来なくて結構大変でしたが、何とか仕上げられて良かった、映像ソフトの初心者が初心者のままに血反吐を吐いて作り上げた作品です。何回か確認も込みで観てますが、高画質で観て欲しいわぁ、、、綺麗な作品ね。

只今は滑稽のドアMVを製作しつつ、nodeMVも作ってます、その上企画も来週やりますし、今日もスタジオ、日曜日もスタジオ。

腰がヤバめ。

延々と作業につぐ作業だから腰はそれはヤバめです。そろそろジジイ運動とかしないといけません、仕事でパッキリ腰を痛めつつ帰宅したら座り作業。最近は日本の伝統泳法の『のし』みたいな姿勢で作業してます。

これがのし。

座椅子に座って作業してるので腰を温存しながらも斜め向きにPCと向き合い、マウスは横向きで扱う。そう。

ここにミケラ式、PC作業法が確立された訳です。

そのうち書籍にまとめたい。ミケラ式PC作業法。これであなたも一攫千金確定である。(何でかは聞くな。)

まぁしかし楽しいは楽しいんです。苦しみもあんだけど、良く曲とか作ってっと『なんかダセェんだよな、、なんとかならんか?』ってジリジリしたりするんですけど、それを抜けたらなんだけど、どの音がどこに入ってどう終わるかまでわかる時があんですね、『ああ、多分こうゆう事でしょう』って割と細かいギターのトーンとかまでイメージ出来る時があんです。

んで、それがバッとハマった時は『ああ、これはヤバイわぁ!』てなるんですよ(最近はメロドラマ、その前はユドネ)、んで野田サリーとかはメンバー多いのでそこに新しい感覚とかイレギュラーのっけてくるから『あ、それ面白いから忘れないで』ってゆう感動ね。そうすると歌詞までほぼ完成してんですね、拍を合わせたり語感を考えるだけで終わる。なので歌詞で躓く事が僕はほぼ有りません。始めからあるから。

滑稽のドアは無いです、えぇ無い無い。自分でも分かんないことやってるからなのもあるけどアレ馬鹿だし、たまにアレが練習やってる時だけいい時あんだけど、すぐ忘れるしアレ。すぐサボってどっか呑み行ってるし。

それが映像の場合、イメージはもっとくんだけど実際撮影した物があってなかったりすんですね、後、僕は自分の弱点知ってるけど『カメラワークが下手』コレは試行錯誤で覚えていくだけなんだけど、やっぱ浅い。たまに勉強してますけどね。

んで映像は撮影終わったら『個人勝負』コレが面白いけど苦しいのと半々の作業。『なんだこれ、違う違う違う違う』って2秒とか3秒をこねくり廻して『ああああああああああ!!!!!』を繰り返して形にする。たまに『全てが頭の中の映像』ってのが一発で決まる時には

僕はもしかしたら天才なのかも知れない、、、。

とマウスやiPhoneを握る手の後ろに後光が差してますが、次のシーンで大体死んでます。

そんな思いをして作った砂上の楼閣『忘れもの』明日の夜です、どうぞ宜しくお願いしますっとー!!

そんな中企画も来週!!タイムテーブルはコチラ!

どうぞふるってご参加ください。得します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です