そんなこんなで砂上の楼閣と言うバンドさんの看板を作りました。僕が送った写真がツイッターで上がってたからもう言っても大丈夫か!!

説明しよう!砂上の楼閣とは、野田サリーでもお馴染みのエツさん、きしこうじ、タカシの三人が始めたバンドである!!わりと最近知ったんだぜ!!

(※こうじさんはこの後召されていくのか、、、)

まままそんなバンドをやってんだ的な話を聞かせて貰った中で『ちょっとこうゆう看板欲しいのだけど作ってくんないすかね?』とエツさんからお仕事としてご依頼を受けたので、最終図書館の従業員200人の全自分達で作りました。

最初はこう。

砂感出ないかなぁとあえて文字滲ませてすこし納得してたんですけど、

見れば見る程気に入らない。

そんで砂上の楼閣、砂上の楼閣、、とずっと考えて考えて、、僕は字が汚いんだけれど、物凄い癖字なので、そこでやってもなぁと考えたら

『もう文字無くなったら良いんじゃないか?』

と思い立ってから地獄でした。

文字を切り抜いて後ろから黒く染めた造花を敷き詰めて貼り付けるのに2日。

それから前に貼り付けた造花をアクリル絵具で更に白くして、艶が全く無くなったので色々探したら『ガラス絵の具』ってのがあるのを発見。それで艶というか少し濡れてる感じにしました。

砂上の楼閣って『立派に見えるけど土台は砂で虚像な様』と僕はとってみたので『立派に見えるけど文字は無い』ってやったらイメージも掴めてるかなぁ、、と。そこに『ちょっとダークに』ってお話だったので看板自体を棺桶にしました。

なのでこの看板の文字は無いです。

さてそんな砂上の楼閣と関わる場所のお話で最近目にしたのが

こちら。天王寺スタジオオリーブさんのお話ですね、僕ら滑稽のドアの横浜ホームです。

僕はこれを見た瞬間

『やったじゃん!』

て思いました、ああああちょっと待てブラウザバック待て待て待て待て。もう少し読んで。

少ない数とは思いますが反響を何となく見てて僕は『そっちやないー。』って思ったのでここに、福さんにもオリーブでやってる人達にも宛て書きますけども、えーと。

 

無関心が関心になってますよそれ。

 

全然悪い事じゃないですよ?いいですか、えっと物事やる時には必ずマイナスな事を言う人は出て来ます、これは人が関わっていったら当然の事なんですけど。それも勉強になるって捉え方もなかなか良いし、『何か悪い所』を感じたら直していくってのも良いんだけど。それよりも大事な事は。

無関心=0です。何を必死にやっても0です。

関心を産むと言う事は『目に付いてる』って事なんです。それはスタジオオリーブの福さんが最近コツコツとtwitterとかFacebookとかで発信されてるからってのもあるし、関わるバンド達もその流れでそれぞれやってるからです。『内輪ノリ気持ち悪いな』は、あって良いんですよ。(浸かれって意味じゃなくてね)

じゃあどうしたら良いのかって僕なりに考えたんですけど

『関心』から『興味』に変わるようにやってったら良いのでは?もうちょい言うと『興味』から『感動』まで行けたらその後に『行動』になると思います。

興味から感動が1番難しいんですけどね。

でも関心は産まれてますよ。僕もそこそこ長年やってますが、ライブが出来るスタジオでバンドの事をこんなに発信してるスタジオはあんまし見ません。大体『バンドがライブ代を減らす為にスタジオを安く使う事に利用している。』からです。これが今のバンドの現実だし僕は言い切れる。(ほぼね)

マイナスにマイナスを足してもマイナスが進むだけです、んで『マイナスを掛けたら?』とも思ったんですけど、あんまし良くないと思った。俗に言う『炎上狙い』になるからそうゆうの。それでやってる人はそれも良いんだけどさ。

そうしたら『マイナスよりも、もっと大きいプラス』を見せていったら良いんですよ、そしたらおっかなビックリ関心とかマイナスな事を言う(見てる)人の気持ちが変わっていきますから。

と、僕は思ったね!!!

『じゃあその大きなプラスって何だよ?』って言われると思うからたまにこの日記で『スタジオオリーブ企画案』を書いていきます。

とりあえずバーベQやろうぜー。

 

そんな素敵なスタジオオリーブで、我ら野田サリーのメンバー達がやるライブが今度あります。

僕もニヤニヤしながら観に行きます、身内にキツイのでボコボコに言ってやろうと思ってます(笑)

さて今日の日記。『自分のアートワークの宣伝』をしつつ『オリーブの宣伝』もしつつ『砂上の楼閣の宣伝』もしてみたんですけど、、、

どうだ参ったか(笑)!!

 

やってこうー、楽しくなるから。

“砂上の楼閣、天王町スタジオオリーブ” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です